11月≪ 2008年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.31 (Wed)

ついに引っ越し!

30日についに引っ越ししました。
ちょうど、日本からの船便も届くことになり、かなりいいタイミングでした!
船便が届く時間に合わせて、ホストファミリーが送ってくれることになりました。

ホストファミリーのお父さんに送ってもらい、お礼を言い家にはいりました。
少ししたら船便の荷物が届きました。
中を開けて確認したら、やっぱりお皿は何枚か割れてしまいました。

お昼までにマットレスもダイニングテーブルもすべて揃いました。
ダイニングテーブルは組み立て式です。
試行錯誤しながらなんとか組立終了です。

これでずいぶん生活できそうな雰囲気になってきました。
でも、リビングがまだ何にもないのでガランとしています。
とりあえずは家族水入らずで、年を越せるようになってよかったです。

2008年も今日で終わりです。
2009年はどんな年になるでしょう。
不安なような楽しみなような・・・
スポンサーサイト
13:51  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.24 (Wed)

買い物三昧!&クリスマスイブ

今日はホストファミリーのお父さんが、電機屋や家具屋がいっぱいある
ショッピングセンターに車で連れて行ってくれた。

帰りの電車の乗り方を教えてくれて、ショッピングセンターで別れた。
まずは電化製品。
冷蔵庫と洗濯機と電子レンジと掃除機をまず買わなくては。
何件か店を見て回り、一番安そうな店でまとめ買いをするので
いくらになるか問い合わせたら、結構割り引いてくれた。
配送料も込みでまぁまぁの値段だったので、購入決定!
車もないので、すべて一緒に配送してもらうことになった。

明日はクリスマスだし、配達はいつしてもらえるんだろうと思ったら、
27日の土曜日に配達できるよと言われたので、その日にお願いした。

その後は家具!
日本にいるときも布団で寝ていたので、ベッドは抵抗があるので、
マットレスだけを買うことにしました。
私たちのと娘のと2枚購入!
いつ配達できるか聞いたら、30日になると言われました。
うぅん、30日に引っ越しがしたかったんだけど・・・
でもその日の夜までに届けばいいからなぁということで、
購入決定!
配送料は50ドル・・・高いなぁ。

後はダイニングテーブルです。
そんなに高いのはいらないんだけど・・・
ということで家具屋をウロウロしていると手頃な値段のものを発見!
いつ配達してもられるか確認したら、29日か30日と言われたので、
マットレスと同じ30日に配達してもらうことにしました。
とりあえず生活できるものが揃ったかなぁ。

時間を見たらもう15時ぐらい・・・
午前中からいたのに、時間はあっという間に過ぎていきます。

今日はクリスマスイブ。
こちらのクリスマスは明日25日が本番なのですが、
今日は私たちのために、ホストファミリーがクリスマスディナーを
作ってくれることになっていたの、急いで帰らねば!
駅まで歩いて行き、電車に乗って無事に17時ごろに到着しました。
18時頃からみんなでクリスマスをお祝い。
クラッカーを割って、中に入っていた帽子をかぶって料理を食べました。
ホストファミリーは私たちの親の年代と一緒なのに、紙の帽子をかぶって茶目っ気たっぷりです。
何でも楽しむよっていう精神はとてもいいですね。
日本だったら恥ずかしがってやらなそうですもん。

夜はクリスマスデコレーションをしているお家を、ホストファミリーの
長男くんが見せてくれると言うので車で連れて行ってもらいました。
日本の家庭のイルミネーションなんかの比ではないぐらいの、
気合いの入ったデコレーションに驚いて笑いがこみあげてしまいました。
クリスマスデコレーション

23:58  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.18 (Thu)

お家が決まった!

昨日何件かインスペクションに行ってきました。
気に入った物件があったので、アプリケーションフォームをもらい昨晩記入しました。

早く提出したほうがいいかなと思い、今朝は早くから不動産屋へ行き
アプリケーションを提出してきました。
家に帰ってきてお昼を食べた頃に、電話が鳴りました。
なんと今朝アプリケーションを提出した不動産屋からでした。
私たちは昨日見たユニットに住むことができるという連絡でした。
住みたいならすぐに手付金として1週間分の家賃を持ってきなさいというのです。

私は急いでお金を用意し、不動産屋へ行きました。
お金を払って予約終了です。

契約は来週です。
前の人が出て行ってからの本契約になるそうです。
やっとお家が決まりほっとしました。
今まで娘には怒ってばかりでしたから、これからは家の中で
自由に遊ぶことができるようになります。

今度は家具や電化製品をそろえないといけません・・・
さてどうしましょう。
19:45  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.17 (Wed)

インスペクション

オーストラリアでは物件を借りる際には、インスペクションというものがあります。

オープンインスペクションと言って、不動産屋が日時を指定して物件を見学させてくれるものと、
不動産屋に連絡をし、個別に見せてくれるものとがあります。

オープンインスペクションはシドニーでは大体が、水曜日と土曜日に行われます。
時間も15分間ぐらいと短いのですが、その間に物件を見たい人は
物件前に集まり、みんなで部屋を見ます。
気に入った場合はその場でアプリケーションフォームをもらい、
記入後提出するというのがおおよその流れです。

オープンインスペクションは賃貸物件が載っているサイトなどに
書かれていたり、不動産屋に問い合わせると教えてくれます。

我が家も何件もインスペクションに行きました。
1日に2~3件を掛け持ちし、旦那と手分けして見学したりしていました。
写真や文章だけではわからないこともたくさんありますからね。
ちなみに日本のように不動産屋が車で物件を見せてくれたりとか、
そういう手厚い待遇は一切ありません。

アプリケーションを提出したからと言って必ず申請が通るわけではありません。
不動産屋がオーナーにアプリケーションを見せて、オーナーの許可がおりないとだめなのです。
私たちはまだ旦那の仕事も決まっていなくて、かなり不利でした。
最初の物件は不動産屋から連絡も来ませんでしたから・・・

待っているだけでは決して解決しない国なので、どんなことも気になるなら、
自ら問い合わせたり、何度も連絡しないとだめです。

私たちは念のためアプリケーションフォームの、
以前の仕事と家に関しては、日本にいたときのことを書きました。
日本にいたときはきちんと家賃も払っていたし、
仕事もしていたということを少しでもアピールするためです。

私は住むエリアを絞り込んでインスペクションに行っていたので、
何回も同じ人にあったりして、顔見知りになったりしましたよ。
20:42  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.09 (Tue)

メディケア申請

今日はシティまで行ったのでついでにメディケアの申請もしてきました。
メディケアオフィスはいろんなところにあります。
大きなショッピングセンターなどには入っています。
メディケアの申請には我が家はパスポートだけで大丈夫でしたが、
住所がわかるものを持っていかなければならない時もあるようです。
申請用紙を記入し提出すると、カードができるまでの仮の紙をくれます。
レシートのような感じのものです。
カードが来る前にGPなどにかからなければならないときは、
この用紙を見せれば大丈夫です。

ちなみに、名前のスペルをよく間違えられるので
紙をもらったら必ず確認してください。

我が家も娘のスペルを間違えられていたので、
後日メディケアオフィスに行って訂正してもらい、
また新しい紙をもらってきました。

「スペルの間違ったカードも届くけど、それはカットして捨ててね。
新しいカードがちゃんと届くからね。」と言われました。
数日後、間違ったスペルのカードが届いたので、
はさみでカットして処分しました。
その数日後、正しいスペルのカードが届きました。

GPではBulkBillingと言って、医者がまとめて診療費をメディケアに請求する場合と、
一度、私たちが医療費の全額を支払って、その後レシートとメディケアカードを持って
最寄りのメディケアセンターに行き、自己負担分を引いた額を返還しくれるシステムがあります。
22:09  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.08 (Mon)

児童手当の申請

オーストラリアにも日本の児童手当と同じようなものがあります。
Family Assistanceというものです。
これは最初に電話で申請をしないといけません。
私に英語での申請は無理なので、マルチリンガルサービスを利用しました。
しかし、月曜日ということもあるのか、なかなかつながりません。
30分以上待ってようやくつながりました。
そこから通訳の人を介して申請の始まりです。

必要なものは、

パスポート(パスポートナンバー、ビザのサブクラスナンバー、来豪日、
ビザグラント日等が必要なため)
家族の氏名、生年月日、住所、電話番号
タックスファイルナンバー
銀行口座の詳細
年収

などを聞かれます。

これだけで1時間ぐらいかかりました。
電話で言いながら、相手が入力しているので結構時間がかかります。
電話での申請が終了すると、書類が送付されてきます。
その中には賃貸契約情報というのも書かなくてはならず、
また契約している不動産屋のサインが必要です。

それらの書類とパスポート、賃貸契約書を持って最寄の
センターリンクへ行って最終申請をします。
私たちは念のため、パスポート、賃貸契約書、
タックスファイルナンバー、銀行口座を持って行きました。
センターリンクへは電話で申請してから2週間以内に行かないと
また最初から申請をしないといけないので注意が必要です。

しかも書類が送られてくるのが1週間後ぐらいなので、
書類が届いたらすぐに賃貸情報を記入してサインをもらい、
センターリンクに行った方がいいでしょう。

我が家は私が専業主婦なために、かなりの補助が出ました。
こういう福祉関係の待遇はオーストラリアは結構いいですね。
21:36  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.04 (Thu)

偶然の再会!

家もすぐに決まらないようなので、ホストファミリーの了解を得て、
現在滞在させてもらっている住所を使わせてもらうことになりました。
娘に何かあっては困るので、各種登録を済ませることにしました。
まずは総領事館へ行って在留届を提出しました。

必要事項を記入して、パスポートなどを提出していると何やら
見たことのある人が通りました。
以前、ワーホリで来ていた時のシェアメイトが働いていました。
思わず名前を呼ぶと、向こうも気づいてくれました。
カウンター越しに再会を喜び合い、連絡先を交換しました。
まさかこんなところで偶然会えるとは思っていなかったのと、

彼女があれからずっとシドニーにいたことに驚きました。
知り合いがほとんどいない私たちにとって、この再会は
とてもうれしいものになりました。

総領事館をあとにして、次はTaxfileNumberの取得です。
7年前の記憶を頼りに事務所を探していたのですが、
全く見つかりません。
しょうがないので建物の中の案内所にいたお兄さんに聞いたら
場所を教えてくれたので、そこへ向かい無事に申請を終えました。

せっかくシティまで来たし、オペラハウスも近いのでそのまま
歩いて向かいました。
久しぶりのオペラハウスです。
この辺はあまり変わっていないように思いましたが、どうなんでしょうね。
ちょっとお腹がすいたのでマクドナルドで買って、ベンチで食べていました。
すると、やっぱり来ました!カモメたちが。
すごい勢いで寄ってきます。
しかも威嚇するかのような鳴き声!
くれなきゃ攻撃するぞの勢いですよ。
映画ファインディングニモのカモメたちはまさにこれ!
あの映画、シドニーの鳥たちを上手に描いています。
さすがです!

ひさしぶりにシドニーらしさを体感した一日でした。
18:25  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12.03 (Wed)

ユニット申込

昨日、1件のユニットを見に行ってきました。
マスターベッドルームは広いのですが、もう一つが狭いんですよね。
でも贅沢はいっていられません。
アプリケーションをもらって、本日不動産屋に提出してきました。
オーナーに確認してから返事がくるので、しばらく待たなくてはいけません。

午後からは電車で、申し込んだユニットのある駅まで遊びに行きました。
昨日の下見も、今日のアプリケーション提出もホストファミリーが
車で送ってくれたので、駅からの距離がいまいち把握できませんでした。
なので、3人で電車で来て駅から実際に歩いてみました。
が・・・遠い・・・
しかも町並みも車で見た時は栄えていていいなぁと思ったのですが、
歩いてみるといまいち・・・
アジア人しかいません。

なんだかオーストラリアに住んでいる感じがしないのです。
家に帰ってみて、もう一度よく考えました。
やっぱりこの駅での物件探しはやめて、
他の駅を見てみようということになりました。
そしたらホストファミリーの長男くんがやってきて、
「今日申請したユニットは値段と部屋が釣り合わないから、
もっとゆっくり探した方がいいよ。
あなたたちが問題ないなら、しばらくいてもらっても構わないんだから、
気に入った部屋が見つかるまで焦ることないよ。」と言われました。
そうなんだけど・・・
娘に「あれに触るな!そこはいっちゃダメ!」と毎日言っているのも
かわいそうだなと思ってしまうんですよね。
16:31  |  オーストラリア生活  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。