05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01.07 (Wed)

NSW州の運転免許証

オーストラリアでは免許証や車の登録などはすべて「RTA」というところでやっています。
RTAはいろんな所にあるので、最寄りの場所へ行って免許証を取得します。
そして、永住者はビザ取得後または、オーストラリアに到着後3か月以内に
NSW州の免許に切り替えなくてはいけません。
NSW州ではほとんどん人が視力検査のみで切り替えができます。

必要書類は
申請用紙(RTAのサイトからもダウンロード可能。RTAにも置いてあります。)
日本の運転免許証
日本の運転免許証の英語翻訳書類(こちらはCRCという指定機関で翻訳してもらいます)
パスポート
住所が証明できる書類
その他にはメディケアカードなどが必要な場合があります。

私たちも免許を切り替えようと最寄りのRTAに行きました。
まずは番号札を取り、順番が来るまで待ちます。
最初に旦那の番号が呼ばれ、すぐ後に私の番号も呼ばれました。
申請用紙と必要書類を提出しました。
書類に不備がなかったので、視力検査をしました。
視力検査も問題なし!
後は写真を撮って免許をもらうだけとなったところで、
何やら旦那の方ではもめている様子。
「どうしたの?」と聞くと「なんか問題があるみたい。」と旦那が言いました。
そのうち、旦那の担当官が私の担当官のところに来て、
旦那の日本の免許について問い合わせてきました。
私の担当官は、私の免許を見て「これと同じ免許ね」みたいなことを言っています。
そして私に「彼は友達?」と聞いてきたので「旦那よ」と答えました。
その後それぞれの担当官が私たちに、「あなたたちの免許の裏側に
セキュリティコードが確認できないから免許を発行できません」と言われました。
「それはどういうこと?」というと、何でも透かし模様があるはずなのに、
それがこちらで確認できないというのです。
日本からの本物だという証明書を持ってくれば免許を発行してあげると言われました。
私は途中まで処理をしてしまったので、次に来たときにすぐできるように
情報を入力されました。

そもそも本物であることに間違いはないのです。
オーストラリアに来る前に、期日前更新をしてきたのですから。

ここで文句を言ってもとりあってもらえないので、とりあえず
購入した車の名義変更を旦那がしてそれだけで帰ってきました。

家に帰ってきてネットで調べると、同じような目にあっている人がいました。
その人は総領事館に相談したら、郊外のRTAは不慣れだから、
シティのRTAに行った方がいいですよと言われたので、シティのRTAに行き
無事に免許を取得できたそうです。

明日、旦那が先にシティのRTAに行き申請をしてみようということになりました。
スポンサーサイト
21:01  |  車・免許  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hoppechantrike.blog16.fc2.com/tb.php/15-35c28ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。