09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01.13 (Tue)

オーストラリアの母子手帳

日本では妊娠がわかると最寄りの役所で母子手帳をもらいます。

こちらオーストラリアでは出産したときにもらえるそうです。
各州によって母子手帳の色も違うらしく、NSW州では青いので
通称ブルーブックと呼ばれているそうです。
正式名称はPHR=Personal Health Record(個人健康記録帳)
赤ちゃんの記録のみが書かれるようです。

このブルーブックをどこで手に入れればいいのかわからなかったので、
娘の予防接種を予約する際にGPで聞いてみました。
どうやら最寄りのEarlyChildHoodCentreというところでもらえるらしいです。
でも我が家の最寄りのCentreは2月中旬ぐらいまでお休み。
別のCentreに電話しても留守電になってしまって出ません。

予防接種を受ける前に手に入れないとなぁ・・・
出産した病院でもらえるなら病院に行けば手に入るかも!と思い、
近所にある大きな病院に行ってみました。

まずはメインエントランスの受付に行って、
2歳の娘がいて、娘は日本で生まれたのでブルーブックを持っていない。
今後予防接種を受けなければいけないので、ブルーブックが欲しいと説明しました。
受付の人は「ここに行けばもらえるわ!」と言って場所を書いた紙を
くれたので、それを頼りに教えてもらった場所へ行ってみました。
そこは建物の2階なのですが、受付の人にまた事情を説明して
ブルーブックが欲しいと伝えると、「1階に行って」と言われました。
1階だったのかぁと思いながらエレベーターで降りて、
1階の受付らしきところに行き、また事情を説明しブルーブックが欲しいと伝えました。
すると、今度は別の場所でもらえるからそこへ行けと言われました。

いったいどこに行ったら本当にもらえるの?と思いながら、
その場所の説明を聞いていると、一人の女性が「連れて行ってあげるわよ」
と言ってくれました。
女性の用事が終わるのを待っていると受付の女性が「ブルーブックを
こっちに届けてくれるらしいから、座って10分ほど待っていて」と
言ってくれました。

結局20分ほど待っていると、ブルーブックを抱えた女性が現れて
無事にブルーブックを手に入れることができました。
スポンサーサイト
21:07  |  ほっぺ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://hoppechantrike.blog16.fc2.com/tb.php/18-100f9a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。